家庭の財政学

住宅資金

柱は住宅・教育・老後資金

マイホームというのは、一生のうちで一番高額な買い物になるのが一般的です。最近では、マイホームを持たず積極的に賃貸住まいを選択する人も増えているようですが、データなどで見る限りは、まだまだ日本人の持ち家率は高い水準を保っています。持ち家率が地方ほど高くなることや、マイホーム価格の下落や低金利などの影響でマイホームの一次取得者年齢が若くなってきているという特徴もあります。

「マイホームを持つか、一生賃貸住まいをするか」については、それぞれの家庭の考え方次第といえるでしょう。資金面でどちらが有利かも、買ったマイホームが将来いくらで売れるかがわからないために、損得の結論を出すことができません。

マイホームを購入すれば、自分の家という満足感を得られる反面、何十年も続く住宅ローンの返済も引き受けなければなりません。賃貸暮らしなら、家族の人数や年齢、勤務先や学校などに合わせて住み替えも可能ですし、住宅ローンを背負うこともありません。その一方で、老後にも住居費の負担が残り、しかも老後になると自分の意思で部屋を借りるのが難しくなるという現実が待っています。人気物件であればあるほど、「お年寄りの一人暮らしには部屋を貸したくない」というのが、賃貸住宅をめぐる現実だからです。

以上のように、マイホーム住まいと賃貸住まいには、どちらにもメリット、デメリットがあるということを認識した上で、買う場合のライフプラン、買わない場合のライフプランを立てておく必要があるでしょう。すでにマイホームを持っている方の場合は、現在のローンのままで不都合がないかどうか、チェックしてみることをお勧めします。

住宅ローンの主な見直しには、繰り上げ返済と借り換えがあります。繰り上げ返済は誰が利用しても有利な見直し法ですが、借り換えについては、今後の金利の行方次第で必ずしも有利になるとは言えません。そのため住宅ローンの借り換えの際は、将来の金利動向は誰にも予測できないという前提の上で、慎重に行う必要があるでしょう。

住まいにかかるお金は、家計の大きな部分を占めますので、目先のことだけに目を向けず、「長い人生の中でいまどうするか」という視点を持つことも大切でしょう。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.