家庭の財政学

ライフプランは「人生の設計図」

ライフプランとは

「ライフプラン」とは、その言葉から連想できるように「人生の設計図」のようなものです。人生を設計していく上で、考えなければいけないポイントは、いかにリスクをコントロールしながら夢を実現していくかということです。人生の不安やリスクというと何を思い浮かべるでしょうか。年代によって違うかもしれませんが、誰にでも共通な不安としては、「経済的な不安」、「健康に関する不安」、「孤独に関する不安」なのではないでしょうか。これらに対応するのが、「マネープラン」、「ファイナンシャルプラン」「健康管理プラン」、「キャリア開発プラン」などです。不安を解消して幸せな生きがいある人生を送ることができるように、また家族の夢を実現できるように「ライフプラン」に挑戦しましょう。

このなかで、ライフデザインによる生涯の設計図にしたがって予算管理をしていくというのが「ファイナンシャルプラン」です。たとえば家を建てるときは、住む人の意向を取り入れて図面をひき、予算のことに配慮しながら、どんな家を建てるかを決めていくはずです。それと同じように人生も、それぞれのご家庭の目標や夢に沿った設計図を描いて、その設計図にしたがって予算管理(家計運営)をしていこうとするのが、「ファイナンシャルプラン」の基本的な考え方になります。

今後ますます変化していくであろう社会保障制度をはじめとして、不透明な時代を安心して暮らしていくためには自助努力が欠かせません。とはいうものの、どんな自助努力をしたらいいのかなど、誰も教えてくれないのが現実です。

そこで、各家庭ですべき自助努力の方法を明確にしてくれるのが、ライフプランという「人生の設計図」。各家庭(シングルの人は自分一人)の生活のオリジナルな計画を立てて、その計画に沿って暮らしていくことが、これからの時代にはますます重要になっていくのです。

© NTT IF Corporation All Rights Reserved.